今夜は奮発して「すき焼き」にしたのに残念な気持ちになった話

すき焼き 時たま日記

臨時収入があったからね。

やったぜ!今晩の夕食メニューは「すき焼き」にしようと企んでね。

旦那さん、きっと喜ぶわーと思うと自然に顔がほころんだりして。

なのになのに、旦那さんったらさ。

なんなの?

悪気はぜんっぜん、ないから逆に始末が悪いっていうかさ。

◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆

初めましての方も、また来てくださった方も、こんにちは!

旦那さんが風邪気味でね。

ちょうど臨時収入もあったことだし、そんな時はやっぱりすき焼きでしょ!

いっちょ奮発してご馳走してやろーじゃねーか、と。

我が家ですき焼きなんてさ、お正月か誕生日くらいなもんですがね。

牛肉ってお高いですよねぇ、ほんと。

 

ところで、すき焼きって先に牛肉を焼く派?

それとも、野菜と一緒に煮込む派?

私は断然!先に焼く!

かたくならない程度にささっとね。

それから、野菜をいれるんだ~

 

そんなこんなで、今夜の我が家は「すき焼き」

おお!

できたできた!

 

鉄なべがあったら、なお良し!

うちには、ないからティファールだけど。

あつあつのすき焼きがモワモワっと湯気をたててますー。

さぁ、旦那さん!

一緒にいただきましょう!

ほら、食べて食べて♡

ささ、タマゴタマゴ。

これ、広々とした農場でそだったニワトリのタマゴなんだから!

ぷりっぷりだよ。

あまがらく味がついた牛肉にからめて召し上がれ~

いっただきま~す。

はふはふ、ふぅふぅ。

うーーーーまいっ!

幸せだねぇ。

 

・・・・・ポチッ。

ひとくち食べて、旦那さんがテレビをつけた。

え?

旨い!とか、ありがとう!とか、気の利いた一言の前にテレビ?

ちょっとちょっと、旦那!

感謝だろ、そこ、感謝の言葉だよ。

そもそも、食事のときにはテレビをつけない主義の家庭で育ったもので。

家族で話をしながらご飯を食べよう、という母親の熱い想いでね。

 

一方、旦那さんは両親が自営業だったから、いつも独りメシだったらしい。

小学校のときから。

だから、シーンとするのが嫌でテレビをつけてご飯を食べてたって。

まあ、ひとりならね。

わかるよ、うん、私もそうする。

でもさー

ふたりで食べてるんだもんっ。

テレビを消してゆっくり、私の手料理あじわってよー

頼むよー

 

育った環境が違うから、すれ違いは否めないって山崎まさよし。

うーがんばってみるよ、やれるだけ。

うーがんばってみるよ、少しだけ。

 

 

ダメだ、頑張れねぇよ、山崎。

 

一緒に暮らしだしたとき、当然、このことで揉めたよ。

せっかく心を込めてご飯を作ったのに、テレビが邪魔して嫌だ!って。

せっかく、せっかく、せっかく、せっかく。

こっちの想いだけ押し付けて、食事中はテレビをぜってー観ない!ということにした。

 

シーーーーンとしてるんだよね。

むしゃむしゃ言ってるだけ。

何か話しかけても、会話が弾まない!

食べながら楽しく会話することに慣れてないんだよね。

だから、諦めた。

いいよ、テレビつけて。

いいよ、いいよ、もういいよー

 

てなわけで、現在に至るんだけど。

 

あなたの風邪!スペシャルすき焼きで治してみせます特別メニュー!な今日も例のごとくテレビを早々とスイッチオン!

 

 

「さぁ、本日はなんと!A5ランクの松坂牛をご賞味いただきます!」

と、高島兄ととんねるずのタカさんが、旨そうにA5ランクの松坂牛を堪能中。

うめーうめーうめーっ。

「このA5ランク松坂牛に朝採れタマゴとフォアグラをいれて、卵かけご飯にするんですよ~」

 

 

52インチのテレビの向こうで繰り広げられる最高級A5ランクの松坂牛レポ。

テレビの前のお茶の間の私達が食べてる庶民的「すき焼き」

高島兄のこだわり食レポは続く。

 

「すっげー、この卵かけご飯、1杯4000円だってー」

「松坂牛かー、いいなー旨そー」

って、旦那!

私のすき焼きの感想、まだなんですけど。

 

テレビに映る高島アニ、絶好調。

深く目を閉じて、世界イチ旨い!こりゃ最高!声をひっくり返して絶叫!

 

だ、黙れ、高島アニ!

 

おい、旦那!

せっかくのすき焼きがまずくなっちゃうね!って言えよ。

テレビ消せよ、マジで。

 

「さて、次のお店はどんな高級牛がでてくるのか、楽しみですね~」

高島アニ、まだまだやる気だ。

 

\\ Twitter //